中古車

中古車

中古車情報を見る際に気になるところで、事故車なのかどうかというのがあります。実は事故車かどうかはネットで見ているだけではわからないことが多いです。

ウェブ生活通販 > 中古車

中古車情報

中古車情報をgooなどで探すときは、まず欲しい車のサイズや価格、色や装備で選んで行くと思います。
中古車情報を見る中で気づくと思いますが、

同じ車でも妙に安い車がある・・・

自動車は中古車市場が発達しているので、同一の年式、同一の車種だったらある程度の価格帯に値段が収まるものです。
そんな中でも安い中古車というのは、ほとんどのケースで「事故車」であるのが理由です。

事故を起こした車をあえて買いたい人はいないと思うので目安にすることもできるのですが、実は値段に反映はしていないが「事故を起こしたことがある車」というのも存在します。

中古車 事故車

中古車で事故車を避けようと考える方で、中古車情報サイトを見ているとこんな項目があるのに気付くと思います。

修復歴あり・なし

基本的には車の情報では事故歴との表記は無いと思います。
なぜなら修復歴と事故歴では意味が変わってしまうからです。
なので「修復歴なし」の車でも「事故歴あり」ということがあります。

これは、中古車販売店が悪いとかの話では無く、ただ事故があったというだけでは車の価値が大きく減少することにはなっていないからです。
考えてみると、事故といっても定義が広くて、ちょっとバンパーをこすったのも事故、車同士ぶつかって大きく凹んでも事故は事故です。

中古車の価値は、事故があったかということではなく、その車がどれぐらいの損傷を負ったかを基準にして決まります。
具体的には、車の骨組みであるフレームと呼ばれる個所まで損傷すると大きく減額されます。
なぜなら、車の強度や安定性に関わる個所なので安全性に大きく影響するからです。
一方、フレームの損傷までには達していないけどバンパーやドアが凹んで交換したというだけでは、買取査定での多少の減額はありますが、車の強度や安定性に大きく影響しないといえます。

ということで、フレームまで損傷して修復した場合は「修復歴あり」となって、ただバンパーを交換したというだけの場合は「修復歴なし」となります。
つまり本当の意味での事故無しかどうかは修復歴のありなしでは判断ができないということになります。
例えば、エアバッグが開いてしまった車でもフレームまでの損傷が無い車両であれば「修復歴なし」となります。

ここで気づくのは事故が有った車でもバンパー交換程度ならばあまり影響が無いということです。
事故があった車でも修復歴なしだったら、大丈夫だと思いませんか?

実は交換歴くらいなら自分で見ることもできます。
バンパーなどはボルトで留められているので、ボンネットを空けて各部位のボルトを見てください。
通常は交換する場合以外は各部位は脱着しないので、古い車でもキズやサビが無いキレイな状態のはずです。交換のためにボルトを外すと、キズがついてサビが付いたりするので、脱着したかどうかの判断ができます。

良心的な販売店だったら、どこに交換歴があるのかなどは教えてくれるはずです。

ここまで読んでいただいて気付いたと思いますが、修復歴ありの中古車の購入はよほど理由が無い限り控えた方がよいことになります。
なぜなら、値段が安い分安全を犠牲にしているわけですから・・・

事故歴の有無と、修復歴の有無の違いはわかりましたでしょうか?
事故車と一言でいっても、車の安全性に問題の無い程度の車もあるので販売店にもよく確認してみるといいと思います。

中古車を探しているみなさんが、良い車に出会えることをお祈りしています☆
gooだったら販売店の評価もちゃんと購入者が行っているので信頼できるかの判断目安になるかと思いますよ。




中古車登録台数 国内最大級の30万台 Goo!

中古車 トップへ戻る