サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーは今注目されている資格です。 高齢化社会に向かっている日本で需要が増えることが予想される資格です。健康関連の産業が注目されてます。

ウェブ生活通販 > サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザー 求人

サプリメントアドバイザーの求人は今後増加が予想されます。
今健康への関心が高い人が増えているということもあり、日本では社会的にサプリメントの必要性が高まっていくことが予想され、アドバイザーへの求人も増えることが予想されています。

サプリメントとは、そもそも健康補助食品と言われているので食事からの栄養を補うものという認識が一般的で、食生活の乱れを正す目的で摂取しようという人も多いと思います。
ところが現在は野菜などから取れる栄養素が、昔に比べて大きく減少していることもあり、単なる健康補助というよりも健康を守るために必要とされています。

野菜の栄養素が減少するということは、昔と同じ量の野菜を食べても昔と同じだけの栄養素を取ることにはならないということです。促成栽培などの影響で昔と野菜の作り方が変わったことなどが、野菜の栄養素の減少に大きく影響しています。
確かにスーパーに行けば野菜は買えるのですが、例えばほうれん草100gあたりのビタミンCは1982年に65mgでしたが、現在は35mgと半分近くまでに減少しました。
文部科学省が出している『日本食品標準成分表』を見ると、多くの野菜の栄養素の量が昔に比べて大きく減少しています。
野菜の見た目自体は変わらなくても、昔の人が食べていた野菜と今食べている野菜の中身は別物と考えていいでしょう。

そのため、例え栄養士が立てた献立の食事であっても本当に健康を守ることを考えれば栄養面で不足してしまうと言えます。
そんな背景もあって注目されるのがサプリメントとそのアドバイザーなのです。

また、栄養状況の改善は病気の予防にもつながります。日本人の3大死因である、ガン、心臓病、脳こうそくも普段の食生活で摂取できる栄養の減少が大きな原因だと言われています。

サプリメントアドバイザーでは、これらの状況を改善するための知識を身につけることができます。
上記の背景もあって多くの企業が健康食品の産業に参入し始めています。そこで問題になるのはたくさんの企業が似たような製品を発売することで、消費者にとっては自分に本当に必要なサプリメントを選ぶことが難しいので、今後ますますアドバイザーを必要とするケースは増えてくるのではないでしょうか。

資格取得の詳しい無料の資料請求はこちらから。
↓↓↓



日本ニュートリション協会

サプリメントアドバイザー 合格率

サプリメントアドバイザーの合格率についてです。
合格率は約「60%」ほどです。

これは資格の合格率としてはかなり高いと思います。
合格率60%というのは、自動車の運転免許証と同じぐらいだそうです。
他の資格では、介護福祉士が「40%~50%」、簿記3級で「40%」などなど。
一般的には合格率が40%を超えると、合格率が高いと言われるそうです。

合格率は現在高めですが、今後の需要が見込める将来性のある資格ならば取得しておきたいですよね。
こちらでは就業支援もして行っています。
↓↓↓
人気の資格 サプリメントアドバイザーの通信講座!

受講中はもちろん資格取得後のバックアップも充実!




サプリメントアドバイザー トップへ戻る