プリウス 4WD

プリウス 4WD

新型プリウスの4WDの雪道での試乗レポートなどからの評価など、情報をまとめました。

プリウス 値引き > プリウス 4WD

プリウス 4WD 雪道

プリウスの4WD(e-four)モデルの雪道での試乗レポートを雑誌で見たので内容をまとめたいと思います。

ちなみにプリウスの4WD(e-four)モデルの前輪と後輪の、雪道以外での通常の制御ですが、発進時には路面状況等を考慮して前輪と後輪の駆動力のバランスを取る4WD走行になりますが、すぐにFFでの走行に切り替えがされるようになっています。

発進後はコーナーなどでスリップを検知するとすぐに4WDに切り替わるというものです。

つまり、通常はほとんどの場面で燃費優先で4WD走行ではなくFF走行になるということです。

さて、雪道での試乗レポートでの評価はどうだったのでしょうか。

プリウス 4WD 評価

ちなみにプリウス4WD(e-four)と言っても、さすがに雪道走行ではスタッドレスタイヤの装備は必要です。試乗レポートでのプリウスにもきちんとスタッドレスタイヤ装着がされていました。

そのプリウス4WD(e-four)の評価ですが、実はほとんどの場面で乾いた路面と同じようにFFでの走行が雪道でも可能だったということでした。これは新型プリウスの基本性能が良いからだ、と試乗レポートには書かれていました。

でも、やはり4WDでよかったという場面もあるようです。
例えば、発進時のスリップ等ではすぐに後輪が駆動してサポートしてくれます。

また、FF車では厳しい雪道の坂道での発進時も4WDならスムーズに発進ができるようです。試乗レポートでは北海道の小樽を走行していたので、坂道の多い場所ということもあってその恩恵を感じたのではないでしょうか。

路面に雪でできた轍を乗り越える際にも4WDでの制御が入ってスムーズに轍を乗り越えることもできるそうです。

また、雪が深く積もっているところに進入すると、スタックの危険がありますが、そのような場面でも4WDが活躍してスムーズに抜け出すことができていました。

やはり、雪国の方には2WDよりも4WDの方がメリットが大きいようでした。

プリウス 4WD トップへ戻る