ゴルフスイング

ゴルフスイング

ゴルフスイングには体重移動が基本とされています。ところがもしもその体重移動がということが基本というのが、実は間違っていたとしたらどうでしょうか。

ウェブ生活通販 > ゴルフスイング

ゴルフスイング 体重移動

ゴルフスイングでは体重移動が大事だとされます。
ところがその体重移動が大切だという基本が間違っていることをご存じでしょうか。

それだけでなく、

体重移動こそがボールが曲がって飛ぶ要因

だったのです。
これは、とある元豪州トッププロで5年連続トップインストラクターになったコーチの教えです。

なぜかというと、ボールをまっすぐ飛ばすためにはフェースがインパクトの瞬間にターゲット方向を向いている必要があります。
フェースをターゲットの方向に向けるための体の動きを維持するのは元々困難なのにも関わらず、そこで体重移動をしようとすることで、体が大きく左右に揺れることになり、結果的にインパクトの瞬間にターゲットと異なる方向を向いた状態になって、コントロールが乱れてしまうことが多いのです。

タイミングが少しでもズレるとボールは大きく曲がってしまうのですが、体重移動を行うことでズレる可能性も非常に高くなるのです。

体重移動をすることでわざわざ自分でインパクトの瞬間にぶれるようにしてしまうことになります。
そう考えると、多くのプレイヤーが体重移動を基本とするという教えを守るからなかなか上達しないのでは?
とも思えてきます。


ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本だと思っていた体重移動が、実は間違っているとしたらどうでしょうか。

体重移動が基本というのは、古い常識のようです。
もしも基本が間違っていたら、うまくならないはずですよね。

悪いゴルフスイングが何かを考えてみると、

「身体のぶれ、タイミングのずれなどでスイング時にクラブヘッドが狙ったコースを通らない」

ではないかと思います。

反対に理想的な状態を考えると、

「スイングのときにクラブが毎回決まったコースを通る」

ではないかと思います。

先ほどの説明のように体重移動を基本とすると、タイミングやインパクトの際にフェースの向きが変わってボールが曲がってしまう可能性が高くなってしまいます。

何を到達点とするかは人それぞれだと思いますが、
スコアを伸ばすというのが、やはり一番の目標になると思います。

そのためには、

「ボールが思った通りの方向に飛ばせる」

ことが非常に重要ですよね。

今までの基本が間違っていたことをこちらの教材で学べます。

新左一軸ゴルフ上達プログラム
新左一軸ゴルフ上達プログラム

ゴルフスイング トップへ戻る