自転車

自転車

自転車はエコな乗り物として注目されています。メンテンナンスや盗難対策についてまとめました。ちょっとメンテナンスするだけでも驚くほど乗りやすくなります。

ウェブ生活通販 > 自転車

自転車 メンテナンス

自転車のメンテナンスについて。
誰でも運転できるママチャリのメンテナンスについて書きます。
ママチャリなんてメンテナンスしないで、どう乗っても同じだと思っていませんか?
実は意外とメンテナンスをちゃんとすれば運転しやすくなるのがママチャリなんです。
というのも、元々ママチャリ(シティサイクルともいう)は乗り心地の良さに特化した自転車なんですよ。

主なメンテナンス箇所を3点ほどあげてみました。

1.サドルの高さ
サドルのメンテナンスについて。
適切なサドルの高さは、
「両足が少し着くくらい」
です。
またがって両足がべったり着くぐらいだと低すぎます。
サドルの付け根にある調整レバーでメンテナンス可能です。

2.タイヤの空気圧
タイヤの空気圧のメンテナンスについて。
タイヤの空気はパンクしていなくても少しずつ抜けているのでメンテナンスしておきたい箇所です。
自分で空気入れを用意してやるのもいいですし、近所の自転車屋でタイヤの空気が一瞬で充填できる機械があったりするので、メンテナンスをお願いしてしまうのもよいかと思います。

メンテナンスを怠って空気が減っているとタイヤと地面との設置面が増えて、乗り心地が重くなります。
空気圧のメンテナンスをするとペダルがすごく軽くて運転が楽になりますよ。

3.チェーンの油
チェーンのメンテナンスについて。
チェーンの油もメンテナンスしないで乗り続けると減少していきます。
チェーンから不快な音がしたらメンテナンスしましょう。
また定期的に油を注すとチェーンの寿命も長くなります。
つなぎ目に一つ一つにオイルを注していくようにします。スプレータイプのオイルだとメンテナンスが楽になります。
ところがスプレータイプはオイルの持ちが悪いので、かえってメンテナンスの頻度が上がってしまうデメリットもあります。

メンテナンスする際に注意してほしいのは、チェーン以外の場所には油を注さないようにすることです。
例えばブレーキにはオイルが付着すると効かなくなってしまいますし、その他にもメンテナンスの知識が無いと危ない箇所があるので、あくまでオイルを指すのは必ずチェーンだけにしましょう。
メンテナンスの際にオイルを多く注してしまった場合は、いらない布などで拭き取っておくと余計な場所にオイルが付かないので安心です。


メンテナンスグッズこちらで検索できます☆







適切なメンテナンスを行えば、乗りやすく、安全に自転車に乗れますね。

自転車盗難

自転車盗難対策について。
自転車盗難は東京都だけでも年間6万件以上起こっています。
自転車を使っている方だったら1度は盗難の経験があるのではないでしょうか。
私も自転車を盗難されて、その時は幸い見つかったのですが大事にしていたのに変わり果てた姿になって悲しかったのを覚えています。

自転車盗難にはどんな対策があるのか調べてみたので以下にまとめました。

1.鍵を必ずかける。
以外に多いのが鍵のかけ忘れです。
自転車を盗む動機で、「ちょっとした足代わりに欲しかっただけ」というのがかなり多いので、たまたま鍵のかかっていない自転車を見つけただけで盗まれてしまう可能性があります。

2.鍵は2種類以上ことなる種類のものを使用する。
鍵を2つ以上つけると有効ですが、これが同じ工具で破壊できるものだと意味が無かったということになりかねません。
チェーンとU字ロックを付けるなど、異なる種類の鍵を付けることは有効です。

実は自転車の盗難の半分近くは鍵をしていたが盗まれてしまったというものです。
なるべく頑丈な鍵を使いたいですよね。

3.鍵はなるべく高い場所に付ける。
盗難犯にとって、しゃがんで作業できる方が心理的負担が少ないのですが、高い場所にある鍵は立ちながら作業しなければいけないので嫌われる傾向にあります。

4.普段使う駐輪場や自宅ではバイク用の鍵を使う。
バイク用のチェーンロックは自転車用として一般的に売られるものよりもさらに頑丈な物が多いです。
その分重量はあるので、持ち運びしなくてよい場所ではかなり効果的です。

5.管理人のいる駐輪場を使う。
実は自転車盗難の半分近くは駐輪場で起こります。
特に無人だったり人通りの少ない駐輪場は狙われやすいようです。
さらに管理人がいる場所のなるべく近くに停めるのが理想的です。

6.普段使う駐輪場では停める場所を毎回変える。
いつ停めていつ帰るのかが、窃盗犯にわかってしまうと所有者が戻ってこない時間を狙って盗難されるというケースもあるようです。

7.車に積み込まれない場所に置く。
窃盗犯だと、鍵がかかっていてもそのまま車に積み込んで盗難してしまうケースもあるようです。
このような窃盗犯には比較的高額な自転車が狙われることが多いようですが、特に高額なロードバイクのような自転車ほど軽くて盗難されやすい面があります。
道路沿いに停めるような場合は注意が必要です。

8.防犯カメラに映る場所に停める。
防犯カメラがある駐輪場、あるいは街中や店先は停めるのに良い場所です。
狙われづらくなります。

9.自転車カバー、センサーアラームを付ける
面倒、なのですが自転車カバーをかけることは非常に有効なようです。
窃盗犯が物色することを防ぐことができます。
さらにセンサーアラームを付けると効果的です。窃盗犯がカバーをめくろうとするとセンサーアラームが作動するようにできます。


自転車盗難グッズ検索できます☆










自転車 トップへ戻る